​※イラスト:わたおきば

​ベルント・リモニウム

『人形の街』に暮らす人形技師見習いの少年。年齢は15歳。

くすんだ茶髪に、青の瞳。髪を伸ばしっぱなしにしているため、普段は後ろでひとつに纏めている。幼さが抜けない顔立ちをしており、控えめにも男らしいとはいえない見た目をしている。 

過去に起きた大災害の孤児であり、人形技師であるクレア・リモニウムに引き取られ、養子になる。養子になったあとは、彼女から人形制作の手ほどきを受ける。

クレアから与えられた「課題」で、アザレアを制作するが、彼が想定していたモノとは違った人形が完成した。

そのため、彼はアザレアとの距離感を掴みかねている。

 

アザレア

ベルントが制作した、“自我”を持つ自動機械人形。

​主であるベルントのことを『マスター』と呼び、彼の身の回りの世話をしている。

クレアが作る通常の機械人形とは異なり、外見は完全に人間と同じである。

機械人形ならではの機能が豊富に搭載されている。

本来ならば通常通り、命令に従うだけの人形が完成するはずだったが、完成した彼女はなぜか、『自我』を持っていた。

​しかし、それに反するように感情――すなわち「ココロ」を、彼女は識らないままだった。

そのため、アザレアはベルント達との触れ合いを通して「ココロ」を識りたいと願うようになる。

​※イラスト:なすお

 

​※イラスト:三日月アルペジオ

​クレア・リモニウム

​『人形の街』に暮らす天才人形技師。

独自の技術を用いて、特殊な機械人形である『自動機械人形』を制作しており、それらを販売することで街の人々に多大な恩恵を与えている。

そのため、人々から厚く信頼されている。

ベルントの養母であり、彼の師匠でもある。

 

​シクラ・イェーネ

『人形の街』に暮らす少女。15歳。

​ベルントの幼馴染であり、親友と呼ぶべき存在。

本人にも自覚はないが、ベルントに対して淡い恋心を抱いている。

そのため、突如として現れた『アザレア』に僅かな敵対心を抱くが、それでも彼女を憎めない、素直で優しい少女である。

​※イラスト:わたおきば

​制作

企画・シナリオ:巡(じゅんぺー)

​システム全般:ケーネコ

​グラフィック:なすお

  • Twitter
  • YouTube
akatuki bana-.png
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now