とある夏。都会の大学に進学していた逢崎昏斗は、久しぶりに故郷へと帰省していた。
 懐かしき故郷にて、彼は幼馴染である親友達に囲まれながら、穏やかに夏を過ごす――と、思っていた。

「待っていたわ、昏斗。この黄昏で、あなたを――」

 交差する彼岸と此岸。刹那の泡沫。
 黄昏の世界で、青年は、少女と出逢う。
 それが、物語の始まりだった。


 ――これは、黄昏の物語。
 青年と少女の、トロイメライ。

 製作 

シナリオ 巡(じゅんぺー)

システム全般 ケーネコ

b-l-01.gif

こちらのサイトにて配信中

  • Twitter
  • YouTube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now