逢崎昏斗

「夢でいいじゃないか。幻想であったとしても、だから僕達は魅せられる」

この物語における主人公。穏やかな性格であり、争いを好まない。

平々凡々とした、どこにでも居るような一般人A。
都会に通う大学生。五年ぶりに生まれ故郷に帰省し、幼馴染である茉莉や夕哉と共に過ごす。
だが、ひとりの少女との出逢いにより、彼の人生は大きく動き始める。

あいざき くれと

​おうま  しずく

黄間汐雫

「ずっと、ずっと――この黄昏で、あなたを待っていた」

突如として、昏斗の前に現われた少女。見た目は子供であるが、精神は大人のそれであり、ミステリアスな雰囲気を纏っている。
素性は不明だが、昏斗のことを知っており、いわく「彼のことなら何でも知っている」とのこと。
『黄昏』のときに限り、彼女は昏斗の前に現われる。掴み所のない不思議な少女である。

 

​かわしま まつり

河島茉莉

「だからあたしは……友達になんか、なりたくなかったとよ」

逢崎昏斗の幼馴染の一人。内気で人見知りな性格だが、ある出来事をキッカケに少しずつ変わっていった。
昏斗に恋心を抱いており、彼の帰郷を心から歓迎している。その一方で、奥手な自分を嫌悪している。

 

​しどう  ゆうや

紫藤夕哉

「さすが、オレの幼馴染たちだぜ」

逢崎昏斗の幼馴染であり親友。昏斗にとっての良き理解者であり、彼が故郷から出ていった後も定期的に連絡を取っていた。
昏斗に対して多大な信頼を置いており、昏斗もまた夕哉を強く信頼している。

 

 製作 

シナリオ 巡(じゅんぺー)

システム全般 ケーネコ

b-l-01.gif

こちらのサイトにて配信中

  • Twitter
  • YouTube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now